取引形態ってなに?

Author: nashi / Category: 不動産用語

不動産の情報誌を見ていると取引形態という項目があって、売主とか専属、一般ってありますよね?売主というのはその物件のオーナー、所有者のこと。 次に、売主からその物件を売ってくれるように頼まれた不動産業者のことを仲介者といいますね。 仲介を分類すると専属、一般とかがあります。(その説明はまた次の機会に。まずは基本的なとこからいきましょう。)

ある物件の購入を考える時、それが売主か?それとも仲介か?見分けなければいけないのは、結構重要ですよ。売主から購入する時は(細かいものを省いて)土地の価格だけでいいのですが、仲介者から購入した場合、土地の価格+その3%(仲介者の手数料)までも購入者であるあなたが支払わなければなりません。

例えば、1000万円の土地を購入する時あなたが支払う金額は  その代金+3%=1,000万+30万円=1,030万円 です。

仲介手数料は法律で決められております。その3%が高額だと思われるかもしれませんが、仲介者がその物件の販売のために広告(情報誌やインターネット)費として毎月2万円程使い、その資料作成、営業マンが問い合わせがあるたびにで現地案内&説明などなど売るために頑張るのです(全て自腹で)。そのかいあって半年後めでたく売れたとしても上記の例からするとその仲介業者の手数料は30万円です。広告費と人件費を考えると・・・・必ずしも高額とは言い切れないかも知れません。

接道幅員ってなに?

Author: nashi / Category: 不動産用語

まず、接道義務というものがありまして、その土地が建築基準法の道路と2m以上接していなければ建物を建てられないのです。

幅員とはその道幅のこと。ある程度の幅がないと生活に困りますよね。対向車が来るたびにヒヤヒヤドキドキするくらい狭い道ならストレスを感じたりしますよね。 まあ6mもあれば十分ですが、4mとなると軽自動車なら問題ないと思われますが、クラウンクラスになってくると対向車が来た場合はちと苦労するかも。

そういった狭い道はわりと車通りは少なかったりもするし、運転に慣れてくるとスイス~イとね。

でも、幅員によってその道路に接する土地の価格にも大きく影響してくるのでやはりこちらも重要ですよ!

用途地域ってなに?

Author: nashi / Category: 不動産用語

用途地域とは、その地域に適した環境づくりのために都市計画法で定められています。

大きく分けて住居系・商業系・工業系の3つに分かれておりまして、さらに細かく12種類に分類されています。

それらは、建築基準法により、いろいろ規制されているんです。(用途・容積率・建ぺい率・容積率・高さなど)

建ぺい率・容積率ってなに?

Author: nashi / Category: 不動産用語

よく 建/容50/100  とかで表されてたりしますが、これは建ぺい率50%、容積率100%という意味です。

では、建ぺい率から説明しましょう。 50坪の土地があり、建ぺい率50%となってたら建築面積(建物の1階部分の面積)が25坪の建物が建てられますよ!ということです。敷地面積(この場合50坪)に対する建築面積の割合のことです。建ぺい率50%ということなので  50(坪)×50%=50(坪)×0.5=25坪 になるわけです。

次に容積率。 容積率とは建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合のこと。

先ほどの敷地面積50坪の土地で考えますと、容積率100%ということは建築するとき、1階部分、2階部分の面積の合計が50坪の100%ということ=50坪の家が建てられるということです。                                     まとめますと、敷地面積が50坪の土地で、建ぺい率50%・容積率100%ということは単純に、最大で1階部分が25坪、2階部分25坪の建物が建てられるということです。

場所によっては、建/容40/80 や 建/容60/200 などの地域もあります。詳しくは追々説明させていただきますね。

坪単価ってなに?

Author: nashi / Category: 不動産用語

坪単価とは坪当たりの価格のことです。 (1坪は約3.3㎡、単純にタタミ2枚分で考えてもらえればイメージしやすくてよろしいかと。)

例えば、45坪の売り土地があり、坪単価が30万円とすると その土地の価格は45(坪)×30(万円)=1,350万円 となります。

坪単価は、もちろん地域によって全く違います。ここ沖縄で見てみますと那覇市の住宅地では30~50万円、場所によっては70万円もするところがあります。

ちょいと田舎の方へ参りますと、6~25万円なんてところもあります。何をするにも便利な場所は坪単価は高くなり、そうでない場所は安くなります。

坪ってなに?

Author: nashi / Category: 不動産用語

は面積をあらわす単位のこと。㎡(平米)も同時に使われるが不動産業界では圧倒的に坪のほうが伝わりやすいです。

例えば 縦 10m 、横 15m の土地があります。面積を計算すると10m×15m=150㎡ これを坪で表すには0.3025をかけたらできます。 この場合、150(㎡)×0.3025=45.375ということで、この土地の面積は45.375坪になります。 この0.3025は業界ではみんなが普通に使っている常識 なのです。

では、どれくらいの土地があれば家が建てられるの?ですよね? ある程度の目安ですが、大体40坪前後あれば2階建て、4LDK 、駐車場2台付きの立派な家が建てられるでしょう。100坪前後になると広い庭までできますね。 平屋建て、2階建て、下駄履き(1階が全て駐車スペースで玄関が2階にあるスタイル)、などでも変わってきますのであくまでも目安ということで。

沖縄料理はお口に合いますか?

Author: nashi / Category: 沖縄移住計画

沖縄移住計画の皆さん!こんにちは~ 次に衣・食・住から考えてみましょうか~?

衣はい~として食はどうだっ!(さりげなく)

最近は全国どこへ行っても沖縄料理屋がありますね。

メディアにもよく取り上げられているのでみなさまもよくご存知だとは思います。

「もう好きで好きでタマラナイ!」という方はおめでとうございま~~す。合格です!

だがしか~し、 「オイリーなのよねきっと、豚の角煮とかちゃんぷる~とか私ちょっと苦手かも」

また、 「あのきれいなグリーンやブルーのお魚はどうもね~」 わかりますよっ!そのお気持ち。でもでも外食で沖縄料理ばかりだったら私、ウチナンチュ(沖縄人)でもダメ。ウチナンチュも毎日沖縄料理を食べているわけではないのでご安心を。 沖縄にもたくさんの和食の店(同じ日本なのに和食と言わないといけないなんて・・・)、フレンチ、イタリアン、メキシカン、たしか泉崎にロシアンもあったな~~いろいろ素敵なお店ありますです。

「もう少し○○だったら私好みで美味しいかも!?」 いいじゃないですか~っ!お家に帰って”自分流沖縄料理”を開発してみては 2~3年も暮らしたら「私のアレンジ沖縄料理!」っう料理の本が出版出来ますぜっ!!これから印税生活に入れたりしたりして!イヤッホー!!

まずは沖縄料理体感してみてくださいね!そこで、合言葉は「おもしろ~い!!」がいいかも。はじめての料理をメニューから見つけたら~「え~!?なにーこれ~??」ではなくスタッフの方にこれはどんな料理か聞いてから、「おもしろ~い!まず食べてみよう!」とトライすることをオススメします。ネタがいろいろ増えますよ~ラッキ~!!

で、それからやっぱり2~3年も暮らすと 「料理から見えてくる沖縄の○○○」を出版、印税生活が~っ!!

おあとがよろしいようで。

さあ、愛犬ピッピとリンリンの散歩いこ。

便利だよ~!!新都心!

Author: nashi / Category: 沖縄移住計画

みなさまは新都心はご存知でしょうか?

そうです、DFS(デューティーフリーショップ)がある場所。

大まかに言えば330号線と環状2号線(県道82号線のこと)と58号線に囲まれた一帯のことです。

なぜ、埋め立て地とかではなく、那覇のど真ん中なのに新都心なのか?と小さな疑問が生まれてくるか知れません。実は、15年くらい前はほとんど何もなかった地域なのです。えぇ~っ!?本当です。

じゃあそのもっと前は~?!いったい何があったのか~?お答えしましょう。1970代後期までは外人(アメリカ軍人)用の広大な住宅地です。一面が緑の芝生に覆われ、塀で囲われていない平屋一戸建てが広い敷地の中にポツリポツリと建っている。そこはフェンスで囲われていてもちろん日本人は入れません。

知人のスマートな社長

Author: nashi / Category: 沖縄移住計画

知人のスマートな社長がおりまして、沖縄で安いマンションを購入(リフォーム込みで約500万のワンルーム)、月に1度、5日前後仕事も兼ねてゆったりと沖縄で過ごしているのです。

仕事も兼ねてと書きましたが、沖縄で過ごす為に沖縄の企業と取引をスタートしたのかも・・(すごい!)  地元の私よりも沖縄に詳しく北から南と車でスイス~イ、観光ガイドのビジネスができるほどチョー詳しい負けた!!

将来はもちろん移住を考えているようです。

沖縄移住計画進んでいますか~?

Author: nashi / Category: 沖縄移住計画

でもなぜ沖縄なのですか?

ちなみに私は生まれも育ちも沖縄ですが、「高校卒業したら絶対沖縄から出るぞ~!」と決心(?)してました(笑)。

沖縄が嫌いとかでは全くなく、都会への憧れだったんですね。

滋賀県(のどかな田園風景)と東京(威勢のいい築地)で約8年ほど仕事をして気が付けば30歳に!「そろそろ沖縄に帰らなくては!」どこからともなくそういった衝動に駆られ、沖縄での仕事のメドが立ち半年後は沖縄へ(涙そうそう)。

沖縄出身の方々は、実はUターンがかなり多いのです。本土で仕事を覚えて地元でそれを生かす。地元に貢献!みたいな感じで。

私の場合、ふと考えてみるとやはり沖縄の海、空、ドライブ、友人、だったのかな・・・と。 私は帰郷、みなさんは移住

全くちがいますね~、し、失礼しました~っ(汗)。

移住する前にやるべきことは、下調べでしょう

あたりまえのことですが、生活がガラーッと変わります。沖縄も大分都会化してきてはいますが、渋谷、銀座はないですよ!ついでに地下鉄、新幹線、もちろん山手線もないです。

あるのはバスとモノレール少々、taxiと車。車好きにはたまらないが、免許がないと困る方も多いでしょう。まずは、沖縄は車がないと困る、・・というかあれば便利~!ということが分かっていただけたらok!

西海岸58号線を北上すれば実感だ~っ!!最高~っ!!あっ!チャリンコもいいかも!

沖縄に移住したいのですが・・・とはいいますが

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next