取引形態ってなに?

Posted by: nashi / Category: 不動産用語

不動産の情報誌を見ていると取引形態という項目があって、売主とか専属、一般ってありますよね?売主というのはその物件のオーナー、所有者のこと。 次に、売主からその物件を売ってくれるように頼まれた不動産業者のことを仲介者といいますね。 仲介を分類すると専属、一般とかがあります。(その説明はまた次の機会に。まずは基本的なとこからいきましょう。)

ある物件の購入を考える時、それが売主か?それとも仲介か?見分けなければいけないのは、結構重要ですよ。売主から購入する時は(細かいものを省いて)土地の価格だけでいいのですが、仲介者から購入した場合、土地の価格+その3%(仲介者の手数料)までも購入者であるあなたが支払わなければなりません。

例えば、1000万円の土地を購入する時あなたが支払う金額は  その代金+3%=1,000万+30万円=1,030万円 です。

仲介手数料は法律で決められております。その3%が高額だと思われるかもしれませんが、仲介者がその物件の販売のために広告(情報誌やインターネット)費として毎月2万円程使い、その資料作成、営業マンが問い合わせがあるたびにで現地案内&説明などなど売るために頑張るのです(全て自腹で)。そのかいあって半年後めでたく売れたとしても上記の例からするとその仲介業者の手数料は30万円です。広告費と人件費を考えると・・・・必ずしも高額とは言い切れないかも知れません。



Comments are closed.

Trackback URL