建ぺい率・容積率ってなに?

Posted by: nashi / Category: 不動産用語

よく 建/容50/100  とかで表されてたりしますが、これは建ぺい率50%、容積率100%という意味です。

では、建ぺい率から説明しましょう。 50坪の土地があり、建ぺい率50%となってたら建築面積(建物の1階部分の面積)が25坪の建物が建てられますよ!ということです。敷地面積(この場合50坪)に対する建築面積の割合のことです。建ぺい率50%ということなので  50(坪)×50%=50(坪)×0.5=25坪 になるわけです。

次に容積率。 容積率とは建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合のこと。

先ほどの敷地面積50坪の土地で考えますと、容積率100%ということは建築するとき、1階部分、2階部分の面積の合計が50坪の100%ということ=50坪の家が建てられるということです。                                     まとめますと、敷地面積が50坪の土地で、建ぺい率50%・容積率100%ということは単純に、最大で1階部分が25坪、2階部分25坪の建物が建てられるということです。

場所によっては、建/容40/80 や 建/容60/200 などの地域もあります。詳しくは追々説明させていただきますね。

Tags: ,



Comments are closed.

Trackback URL